パパレモン!

ウクレレネタ

〝 おやすみテリア〟

今回はダイスケがお届けします!

タイトルは、

「パパ・レモン」がとどいた!

今日、テリアバークスのクリエイターの菜緒さんから教えてもらっていたCD、Papa Lemon / Lemon Nashが届きました!

教えてもらってからこのアルバムをYouTubeやストリーミング再生で聴いていたのですが、どうしてもCDが欲しくてAmazonをいつもチェックしていたのですがいつも品切れ。

入荷の見込み未定と!

しかし菜緒さんがマーケットプレイスでたまに出ているからチェックしておいた方がいいと言われたので毎日チェックしていました。

すると昨年の12月に出ていました!

それで即発注!

海外からの発送だったので約一ヶ月かかって1月17日に届きました!

やはり音楽はファイルじゃなしくてCD、レコードがいいです!

さて、この「パパ・レモン」というCDとは?

台所の洗剤を思い浮かべる方もおられるかも知れませんが「ママれもん」ではありません。

ウクレレでブルースを弾き語るレモン・ナッシュというおじさんのCDアルバムです!

最近このテリアバークスでもウクレレはブームでみんな楽しんでいます。

ウクレレと言えば?

ハワイアンと思う人もおられました。

しかしこのレモン・ナッシュのウクレレの弾き語るブルースをぜひ聴いてください!

「えっ!ウクレレでこんなこと!」

と思います。

そして僕がこのレモン・ナッシュのウクレレをどうして知ったか?

昨年の11月にある曲を聴いたのがきっかけでした。

木村菜緒さん天埜めぐみさん、こよりさんの三人でオンエアーしている〝 おやすみ工房〟という番組があります。

毎週金曜夜22時から福井県鯖江市のたんなん夢レディオ(79.1MHz)でオンエアーしている番組です。

番組の中で曲を作っていて、その出来た曲がその夜のセレナーデというテーマでオンエアーしています。

その〝 おやすみ工房〟昨年の11月に生まれた「パンがうなずいた」という曲があり、それは菜緒さんがウクレレで弾いてられました。

そのウクレレのスタイルがとても良くて菜緒さんに聞いたら、

「完全にコピーはしてないけどレモン・ナッシュというおじさんのスタイルを意識してる」

と言われ、レモン・ナッシュのYouTubeを教えてもらって聴くようになりました。

僕にとっては、

「ウクレレはこれしかない!」

ってくらいに気に入ってそれからはヘビーローテーション!

菜緒さんの言葉を借りれば、

「まあ、クラシック・ブルースのスタイルをウクレレでやってるんやけどキーが全部Fなんや。多分このおっさんこれしか出来んのやろ」

と!

僕はクラシック・ブルースをあまり知らなかったのでこのレモン・ナッシュのブルースが斬新で完全にハマってしまいました。

そして僕もウクレレはそれなりに弾いていたのですがこのスタイルは難しい!

コードを弾きながらフレーズを入れてとなかなか難しい!

しかし何としても弾きたい。

菜緒さんに弾き方を教えて貰うのですがそれが難しい!

そして菜緒さんに言われた。

「弾く前にしっかり聴くこと。コードを見て弾いてるようでは無理。」

と。

するとピアニストのヨシさんからも、

「慌てて適当に弾くとそういうクセがついて上手くならないツールを身につけるよ。」

と。

本当にそうだと思った。

ということでレモン・ナッシュのアルバム「パパレモン」を聴きまくることにした。

しかしこれほど欲しいと思ったCDは久しぶりだった。

1959年から1961年にレコーディングされたCD。

これが僕も菜緒さんも大好きなレモン・ナッシュの曲です!

Papa Lemon's Blues

しかし菜緒さんはこのCDを昔からレコードで聴いてられたとは!凄!

Amazonは↓↓↓

たまにマーケットプレイスで出品されるので要チェックです!

こんなウクレレのスタイルもあるってことをお伝えします!

ダイスケ

コメント